HOME > 電子カルテ・CR・セカンドオピニオン

電子カルテ・CR・セカンドオピニオン

最新システムで様々なケースに対応いたします。

電子カルテについて

カルテを電子化し、診察後にかかる時間を短縮

従来の紙カルテの一部の機能は残しますが、診察の記録、薬の処方、診察費の計算などほとんどをコンピューター上で処理します。

よって、記録用紙の節約になり、保管もコンパクトになり、事務作業の効率が上がります。

具体的には、受付で診察券を出していただき、それが受付でコンピューターに入力されると同時に診察室の方で、診察に来られた方が把握できます。

同様に受付情報は各部署で把握できます。リハビリ、看護師も情報を得られますので、リハビリと診察、効率の良い方へ医師の判断のもとにスタッフが誘導します。従って診察だけの方も、待ち時間が少なくなります。

整形外科では医師は、処置や注射などに時間を要します。

ですが当院はオンラインで電子カルテを操作しているため、医師が入力したデータを各部署で処理し、あらかじめ、薬の用意や診察費用の計算ができますので、診察の後にかかる時間も短縮できます。

一方、コンピューター上に記入された、各々の患者さんのデータは、正しく保存され、かつ、コンピューター上でデータの検索がスムーズに行えるため、データを探す手間が大幅に短縮されます。また、以前の検査結果やレントゲン情報もすぐに出せるため、探す手間が省けます。

<院内ネットワーク図>





CR(デジタルレントゲン処理)について

デジタルレントゲン処理で、取り直し防止

従来の現像器によるアナログ的レントゲンより、デジタル処理にてレントゲン写真が、均一に良い画質で取れます。

よって、レントゲンの画質不良による取り直しが、ほとんどなくなります。

また、フィルムレス(レントゲンはフィルムでの保存ではなく、パソコン内でのデータ保存)対応です。
よって、レントゲンの持参や貸出しは、できるだけCD等の電子媒体で行います。


セカンドオピニオンについて

手術をしないで治す方法を考えます

たくさんの手術を経験してきました。その経験に基づいて、出来るだけ手術をしないで、治す方法を考えます。

整形外科は、将来の体の衰えを予防する目的を持って、治療を考えます。よって、今すぐに、お困りの痛みなどを取ることは出来なくても、年を取られても痛みのせいで寝たきりにならないように治療指導させていただきます。

しかし、学業や仕事をされている方には、出来るだけ早く痛みを取って、早く復学、就業できるように努力します。

ページの一番上へ